*

中学受験:預金やキャッシングでいざという時の5万円を

1月から2月にかけて、いよいよ中学受験の当日を迎えたと仮定します。
初日にA中学を受験したとします。
だいたい、翌日の早朝までにはインターネット上で合格発表が行われます。
A中学が合格していた場合は、チャレンジ校のB中学を受験します。
A中学が不合格だった場合は、滑り止めのC中学を受験します。
よって、同じ日の同じ時間に行われるB中学とC中学に両方願書を出しておかなければなりません。
これをダブル出願と言います。
中には受験日と合格発表などの複雑な絡みから、トリプル出願をする人もいます。
さらに、トリプル出願でも想定外の結果を出した場合は、当日出願という方法を採らざるを得ない場合があります。
当日出願の場合、受検当日の決められた時間までに、中学の窓口で願書と受験料を支払う必要があります。
受験開始時間の直前まで当日出願の列があります。
願書はその場で親がざっくりと書けば良いのですが、受験料は現金納付が原則のため財布にお金がなければなりません。
5万円程度あれば安心でしょう。
あるいは、いざという時にもすぐに現金を引き出せるよう、銀行の口座の残金やキャッシングの枠の確認も怠らないようにしましょう。
預金カードやキャッシングカードは、受験終了まで必ず持ち歩きましょう。
専業主婦でも借りられるキャッシングについての専門サイト!専業主婦でも借りられるキャッシングSK52をcheck



コメントする