*

子供の視力回復

ほとんどの視力低下のケースでは、

一日や数日で悪くなることはありません。

何週間、何ヶ月、何年という長いスパンで

徐々に徐々に視力は奪われていきます。

子ども自身もはじめての経験ですから

その変化に気づかないこともほとんどです。

ですから、親御さんもできるだけ注意して

変化に気づいてあげて欲しいのです。

また、視力低下も他の病気と同じく早期発見と早期の対策、改善が一番の薬です。

 

何よりもいいのが視力低下が起こる前に予防すること。

そして、もしも起こってしまっても

できるだけ早い段階で改善、回復してあげることです。

視力はよく「大人になると治らない」と言われますが、

実はそうではありません。

大人になってからも、視力は改善、回復できることは

今や、多くの人が知っている事実です。

ただ…少々、時間がかかるのです。

数年、ひどい場合は数十年の年季の入った視力低下ですから、

一日二日で治すことができないのは仕方がありませんよね。

でも、お子さまの場合は違います。

「正しい方法」で視力回復に取り組めば、

早ければ、一日二日で、視力回復を実現することも決して夢物語ではありません。

でも「正しい」視力回復って何なのでしょうか。

「眼球運動」の訓練でしょうか。

いいえ、違います。

出口隆の視力アップ法をくわしく

眼球運動の改善も確かに視力回復には必要ですが

それだけでは不十分なのです。



コメントする